クレジットカードの申し込み手順を理解するということは、とても必要なことです。何故必要なのか?...。それは、申し込みの仕方がクレジットカード会社によって多少異なるからです。

とはいえ、ほとんどは同じような申込み方法になっているので、一つ覚えておけば役立つと思います。最近多くなっているのが、インターネットにおいて入会をするという方法です。

どうして多くなっているのかと言えば、その方がスムーズに入会が出来るからでしょう。オンラインの入会フォームに対して、必要事項を記入して送信をするだけですからね。

001.jpg


そして、その後確認メールが来ることになるわけですが、その際に審査の結果が分かることになります。審査の結果によっては、ここから先が進めないこともあります。

なお、クレジットカードの審査ですが、クレジットカード会社によって基準があって、さらに、クレジットカードのランクによっても審査がより慎重に行われるようになっています。

クレジットカードの審査に通れば、この後入会申込書が郵送にて送られてくることになります。印字が既にされてありますので、記入するところが少なくて楽な場合が多いですね。

そして署名やカードを利用した時に、その利用代金をどこから支払われるかという口座を記述することになります。捺印する箇所がありますので捺印をします。

そして、その書類をポストに投函してから、カード会社の手続きがすべて完了すれば、クレジットカードが郵送されてきますので待つことになります。

この間の期間というのは、クレジットカード会社によっても違ってきますし、その人それぞれによっても多少違いがあります。こういった流れを理解して、クレジットカードを作ってくださいね。

クレジットカードを持つなら、やっぱり「ゴールドカード」、という人も少なくないと思います。年会費はかかりますが、それに見合った特典・サービスが充実していますからね。

以前に比べて審査も柔軟になり、ゴールドカードを作るのは難しくなくなりましたし、本当にクレジットカードを使いこなそうと思うならゴールドカードはオススメです。

ただ、一般にゴールドカードというのは、30歳以上という年齢条件がつきますよね。しかし、近年では、20代でも申し込めるゴールドカード、いわゆる「ヤングゴールドカード」が増えています。

young-goldcard02.jpg

ヤングゴールドカードは、カードフェイスがゴールドなのは当然のことながら、クレジットカードの年会費は一般のゴールドカードよりも安く、そして、特典やサービスもゴールドカードに準じて大きくなります。

その上、20代のうちにヤングゴールドカード作って利用実績を積んでいけば、年齢が30歳を迎えた時に、ゴールドカードへの切り替えがかなりスムーズになるんですよ。

日本でステータスの高いクレジットカードといえば、「三井住友VISAカード」ですが、ヤングゴールドカードの「三井住友VISAヤングゴールドカード20s」は非常に人気の1枚です。

家族特約付きの海外旅行保険をはじめ、ショッピング保険、さらに、ドクターコールといった、通常のゴールドカードでお馴染みの特典やサービスが付帯しているのが魅力です。

また、申し込みをした際に、「マイ・ペイすリボ」「カードご利用代金WEB明細書サービス」の両方に登録すれば、金色に輝くカードが、わずか1050円の年会費で持ててしまうんですよ。

さらに「本物」のステータスを求めるヤングエグゼクティブの人には、20代専用のゴールドカード「三井住友VISAプライムゴールドカード」がオススメです。

通常のゴールドカードと同じように、空港ラウンジなどのサービスも受けられますし、「マイ・ペイすリボ」、「WEB明細書サービス」の登録で、5250円の年会費が大きく割引となるのも嬉しいですね。

クレジットカードの審査で比較しても、つねに上位にランキングされる楽天カード。いろいろな、クレジットカードのランキングサイトをみてもオススメされていますからね。

流通系カードということもあって、比較的審査基準が甘いようです。ただ、楽天カードの魅力はそれだけじゃないんです。いろいろなメリットがあるのも特徴ですからね。

rakuten01.jpg

まず、楽天クレジットカードは年会費は無料なので、誰でも申し込み・利用しやすいカードです。そのうえ、信じられないほど豊富な特典がついています。

ポイントが非常に貯めやすくなっているのも楽天カードの魅力ですね。例えば楽天市場でのお買い物では常にポイントが2倍、毎週土曜日にはなんと3倍なんですよ!

その他にもカードポイントが増えるチャンス・キャンペーンがたくさんあるので要チェックですよ。全国どこでも使える電子マネー、「Edy」をつければさらにポイントを貯めるチャンスが広がります。

また、クレジットカードにあんしん機能(ネット不正あんしん制度・商品未着あんしん制度・カード利用お知らせメール)が自動的についてくるのも嬉しいですね。そして、年会費無料なのに海外旅行傷害保険・カード盗難保険もついてくるため非常に安心感が高い一枚になってます。

楽天のクレジットカードは2011年度まで、なんと!3年連続でJCSI(日本版顧客満足度指数)調査のクレジットカード部門で第一位を獲得してきました。つまり、数あるクレジットカードの中で、一番利用者の満足度が高いクレジットカードということになります。

ポイントの貯めやすさはもちろんのこと、ありとあらゆるサービスや特典で楽天カードは支持を広げてきたわけです。インターネットショッピングを利用する方をはじめ、クレジットカードをまだ持っていない人は、是非楽天カードに申し込んでみてはどうでしょうか。

クレジットカードにはいろいろな種類というかランクがあるけど、その中の1つであるゴールドカードはどのような人が持てるのか、ちょっと興味がありませんか。

ゴールドカードというのは、一般のカードと違って、希望すれば誰でも持てるというクレジットカードじゃないですからね。では、ゴールドカードの審査基準には、どのようなものがあるんでしょうか。

gold01.jpg

ちょっと調べてみました。まず、年収が審査基準になるようです。ただ、クレジットカードの種類やカード会社によって、年収の基準は違うようですが、ある程度の年収がないとダメなんでしょうね。

そして、年齢制限も基準になっていますね。ただ、何歳から何歳までという詳しいところは分かりませんが、未成年ではもちろん無理だろうし、年をとりすぎてても難しそうだと思います。

あと調べていて分かったことで、ゴールドカードの中にも、かなりのランク差があるようです。一般のクレジットカードと違って、ゴールドカードは年会費が高いという印象がありますよね。

でも、今では、年会費が数千円でのカードもあるようですよ。そのほか、審査のときの年収基準も低めに設定しているゴールドカードも一部で出てきているといいます。

昔と今とでは、ゴールドカードの申し込み条件は全体的に緩和されているようですね。わたしも金色に輝くゴールドカードには憧れます。まだ先ですが、いずれは所有したいですね。